« 中電沖野V 青梅マラソン男子30キロ | メイン | 富士通、成果主義手直し 個人よりチームワーク重視に »

2005年2月22日

●盛岡・玉山合併協 すべての協定話し終える

岩手版・朝日新聞から(藤井)

いよいよ合併が本決まりですね。
それにしても、村議会議員と市議会議員の報酬に3倍の開きがあったとは・・・・・

 「岩洞湖1周のフルマラソンコースを作り、国際マラソンまで発展させてはどうか」
企画されたら、いの一番にエントリして走って見たいモノです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/28

コメント

合併本決まりとの朗報、嬉しいですね。財政面から考えて、合併した方がいいことは明白なのに、難問が常に立ちはだかります。相互の思いやり、心情の理解、やはり岩手の人は違うなあと思いました。これができて初めて一つになれるのだと感心しました。なかなかできることではありません。話し合いの途中でご破算になってしまった所も結構ありますから。
 岩洞湖マラソン、実現したらいいですね。高原のさわやかな空気の中で。これは楽しみです。

盛岡市・玉山村が調印(本決まり)

岩手版・朝日新聞から(藤井)

盛岡市と玉山村は12日、盛岡市内のホテルで合併協定調印式を開いた。両市村は15日にそれぞれの議会で合併を議決する予定で、来年1月10日には、吸収合併により、人口30万人を超える新しい「盛岡市」になる。新盛岡市は、政令指定都市に準じ、権限が県から移譲される「中核市」の指定を目指すことにしている。

コメントする