« ドコモ、びわ湖マラソンをリアルタイムに伝えるiモードサイト | メイン | プロセッサーを搭載したインテリジェントシューズ »

2005年3月 6日

●びわ湖毎日マラソン:細川3位で代表内定 優勝はリリ

マラソン2回目の細川道隆(大塚製薬)が2時間9分10秒で3位に入り、代表内定基準の「2時間9分30秒を切って日本選手トップ」の条件をクリアし、初の世界選手権代表に内定した。

 ジョセフ・リリ(ケニア)が、2時間9分0秒で初優勝した。アテネ五輪3位のバンデルレイ・デリマ(ブラジル)は、33キロ手前で棄権した。(毎日新聞

鳴り物入り、藤田はどうしたんだろう!?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/37

コメント

琵琶湖の強風に耐え細川選手、大健闘でした。デリマ選手は腹痛で期待に応えられず、悔しそうでした。日本の丁度裏側、最も遠い所から来て調子を整えるのは大変なことですよね。ブラジル人には、この数日間の日本の寒さは相当きつかったでしょう。次回の健闘を祈っています。

コメントする