« 在京白堊会報告詳細です。 | メイン | ジイジ最終回 »

2005年7月31日

●多摩川ぶらり、水しぶき。

イヤー暑いね。昨日は曇っていながらも蒸し暑かった。

今日は午前中こそ薄曇りであったが、午後からは結構陽射しが厳しくなった。

昨日は家の中で雑用をこなした。

今日も引き続き雑用を処理し、10時から3時までは読書を楽しんだ。

しかしだ、やっぱり一日中家の中に閉じ篭っていると、外界の刺激が欲しくなる。

3時過ぎに多摩川河川敷をブラブラ歩いてみた。

何気なく歩いた3時間弱だが、やはりそれなりの収穫はあった。

犬も歩けば棒に当る。

人が歩けば自然の情景が生の営みを与えてくれる。

そんなわけで、何気ない写真だが、涼しげな写真を何枚か貼り付けよう。

川の水しぶきは少しは涼しげな雰囲気を皆に与えてくれると思う。

台風の時の多摩川、怖いね~。


くるみの木?


台風が過ぎるとこんな風景が、、、川で泳ぐ若者。


ダツラ(エンジェルトランペット)


ひまわり


頭首工の水しぶき







m5

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/163

コメント

川の風景、涼しげですね。マイナスイオンが飛んできそうです。川のない街に住んでいると、郷愁を感じます。
しかし、その川も、台風のときに水かさが増えると怖いです。
宇治川が目の前に見える住宅に住んでいた昭和57年、台風で危険水域に達したときは怖かったです。
満々と水を湛えた宇治川。二階の窓から見ていて、何時溢れるか心配でした。
真夏の花は華やかですね。葵のような、芙蓉のような...。綺麗な花ですね。

コメントする