« なぜか日本ザル・・・ | メイン | 冥福とお祝い »

2005年9月 8日

●散策日記【何故かニホンザル】

先週の散策日記「何故かニホンザル」が出来上がった。

内容はタイトルと全く違った「30年前の学生時代散策日記」とした方が良かったかもしれない。

でも、日焼けしてニホンザルみたいな真っ赤な顔になりながらも

暑い日照りの中を散策したのでこの題名とした。

では「何故かニホンザル」を見てください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/186

コメント

おもしろく読ませていただきました。
場所は違っても、同じ時代に学生生活を送ったはずなのに、まるで違う体験をされているようで、私も学生時代にこんな体験もしたかったなあ~と、羨ましく思いました。
東京は怖い人が一杯いるところ、という軽薄な先入観で自分の子供たちの学生生活をただ心配していましたが、でも、私の見えないところで、子供たちは多くの体験をして社会に旅立ってくれたのかもしれないと、これを読んで思いました。いい人は今の世の中にもまだ沢山いますよね。
そいう世の中の一員でありたいと願います。

散策日記読んでて、オイラも33年ぐらい前を思い出してしまった。
いくつかバイトをこなしたが、一番記憶に残っているのはキーパンチャの仕事。きれいなオネイサン方に混じって、夜の部のカードパンチをこなした。早撃ちの手ほどきも全部オネーさんから学んだのよネ。
プログラミング用の80欄のカードは1枚16円で割がいいのよ。慣れてくると、デュプロ機能とかバンバン使って4枚/分ぐらいコナす訳だ。
次の日中に、オネーさんがベリファイパンチ(同じパンチ入力をもう一度するが、穴をあけずに、開いた穴を検証するだけ)をやって、不合格があればやり直し、完全なカードだけ出来高払いデサ。
それでも熟練すると、当時で時給2000円を超えてたのよネ。夜の仕事でオネーさんから早撃ちテクニック学習、パンチ穴をぴったりなぞるような検証、合格時の高額支払い・・・
誰だよ誤解しているのは。そっちじゃないのよ、結構つらい仕事だったワケ。懐かしく思い出してしまったのも川邊のおかげだね。
これからも散策日記楽しみにしているよ~。

yokoさん、fujii君コメント有難う。
最近は少しずつでは有るが、コメントが増えてきたな。
これは理屈ぬきで良い事だ。
同期生が自分の言いたい事を主張する場は絶対に欲しいよな。
学生時代皆様々だ。だが一ついえるのは男と女。
差別は無いが、やはり女性の冒険は危険だよな。
だから男と同じ経験を希望しても難しいかもしれない。
男は社会人になる前に男の世界を自然に学ぶのだ。
男はそれでいい。社会勉強は自分で学べばいいのだ。
母親は幾つになっても子供の事を気にするが、それを無視しないかぎり、親離れはできない。
学校では学べない事がアルバイトを通して俺は社会を学んだ。

それぞれの軌跡、自分と重ね合わせながら、感慨深い思いで読みました。
いろいろな思い出が詰まっている散策って、味わい深くていいですね。

こんにちわ!
えっと~・・・年齢をお気遣い頂いた、日本スチールサービスの娘のほうです。(笑)

いらして下さった後、沖縄出身の店の人と、みんなで、ひとしきり、当時の思い出話をしました。

父のこと店のことを、こんなによく覚えていて下さったなんて、本当に嬉しかったです。また、こちらを拝見して、こんなに歩いてらしたのだと、あらためてびっくり致しました。とっても愉快で、ちょっぴりロマンチックな方だったんですね。(笑)

不景気と、同業者の乱立で大変ですが、これからも、みんなと力を合わせて、お店を盛りたてていきたいと思っています。

本当にありがとうございました。

日本スチールサービスの娘さん、書き込み有難うございました。
ちゃんと散策日記を見てくれたようですね。嬉しいですね。
今の時代どの業界も不況に悩まされていると思います。
業種は違っても、互いに頑張りましょう。

さて、今回の散策以外にも彼方此方に散策日記を載せています。
つれづれ日記と談話室に過去の散策日記が載っています。
興味があったらどうぞ覗いてやってください。
次回の散策は新小岩からさらに千葉方面を散策したいと考えております。(決行日は未定)
時間があったら、また帰りにでも寄らせて頂きます。
アレッ迷惑かな?(笑い)
皆さんにも(特にお母さんに)宜しくお伝え下さい。

コメントする