« 音声合成ロボット現る | メイン | 秋刀魚刺身出来たぞ。 »

2005年9月24日

●どっちの料理ショー

9月22日のどっちの料理ショー見たかな?

関口のカツオと三宅の秋刀魚の対決だ。

俺はカツオの刺身も好きだし、秋刀魚の刺身も大好きだ。

特にカツオの半身は自分の好きな大きさに切って食べられるので大好きだ。

また、秋刀魚は今の時期凄く脂が乗り、刺身で食べてもとっても美味い。

番組を見ている間俺ならどっちを選ぶのだろうかと、必死になって画面とにらめっこ。

カツオは近頃季節を問わず食べられる。

しかし、秋刀魚は今の時期しか刺身で食べられない。

だから、皆も秋刀魚に軍配を上げるものだと思っていた。

しかし、パネラーが圧倒的にカツオを選んだのだ。

ア~ッ悔しい~!!こうなったら自分で秋刀魚の刺身をつくろうではないか!!

久し振りに腕が鳴る。

翌日早速スーパーで秋刀魚を購入。

一匹88円だからとっても安い。

刺身を見るとなんと350円もする。

高っけ~。

約3倍だ。

自分でやれば同じ値段で3倍食えるぞ。

とは思ったが、一匹でやめておいた。

偏食は身体によくない、野菜も食べねばならない。

だから、ねぎ、大根、にら をついでに購入。

家に持ち帰り早速調理。

秋刀魚の頭とワタを取り除く、サーッと水洗いをして3枚におろす。

骨の部分にはまだ身がついているので、軽く塩をふりガスレンジで焼く。

秋刀魚の薄皮をはがすが、これが結構勝負の分かれ目となる。

尾の方から皮をはがしたが、上手くはがれない。

身も一緒に皮にくっついてきたので、そこに包丁を入れて皮だけを取り除く。

ちょっと不恰好だ。

もう一枚も皮のはがれが悪い。

何だろう、いつもは上手くいくのに、今日はあんまり上手くいかない。

そうか、秋刀魚の生きが悪いんだと、秋刀魚のせいにする。

しかし、あまりにも不恰好だ。刺身を綺麗に盛り付けたかったが、失敗に終わった。

如何しよう、ふと漁師の料理が頭に浮かんだ。

以下はウォークマンを再生してくれ。

かくして、秋刀魚の刺身ではなく「ナメロウ」を食したのであった。

m5

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/203

コメント

鮮度が相当良くないとうまくいかないと思います。
刺身用を買ってきても鮮度はいろいろ。
途中で挫けて、違う料理になってしまうことが良くありますよ。
先日、気仙沼から直送の秋刀魚も何故か、刺身になりませんでした。
臨機応変、味噌と薬味を入れて、ナメロウを作ってしまうなんて、感心しました。ご飯にもよく合いますね。

コメントする