« 不安を抱いた管理組合関係者、偽装の有無を確認へ | メイン | 突拍子も無いが自分が味わった算数教育の間違いについて »

2005年12月15日

●今年も後残すところ2週間ばかり

今年も早いのもので、残すところあと2週間ばかりです。

今年やり遂げなかった事、残り時間の中でどうしてもやり遂げたい事、
人様々であろう。
こうしている間にも確実に時間は過ぎ去っていく。
時間は無情だ。規則的に淡々と進み一切の感情など相手にしない。
だからこそ、今再度ふりかって見るべき事が多々ある。
今年の自分について考えてみれば、反省する事が多い。
特に人間関係は最たるものだ。
でも、だからと言ってそれが必ずしも駄目だったとは思っていない。
まだまだよく判らないが、その辺の事を来年の糧にしたい。
人は誰一人、自分ひとりだけでは生きてはいけない。
沢山の人と拘わりながら、毎日を生きているのだ。
来年こそ、今年よりもっとより良い人間関係を確立したいものだ。
本音の(本年の)話をしたいものだ。アレッつぃ駄洒落を言ってしまった。
ガハハ。

mannbo。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/283

コメント

人間一人では生きてゆけない。同感です。
ひとりひとりは一本の葦でも、力を合わせること
で困難にもめげず、乗り越えてゆけると思います。
これからが、同窓会の真価が発揮されるような気がします。
今年もいっぱいお世話になりました。
ほんとうにありがとう。

コメントする