« 初蝉 | メイン | 蝉時雨 »

2006年7月28日

●在京白堊会幹事会ご報告

7月27日午後6時半から神田神保町の学士会館で在京白堊会幹事会が
開催されました。
49卒の会計報告と50年卒の来年の在京白亜会の開催について
報告が有りました。
来年は5月13日に拘り日曜日に開催するようです。
但し開催時間は午後1時から始まり3時頃までの間で懇親会も
開催されるようです。
昼真っからお酒が飲める?という嬉しいお話でした。
しかし、そんなに早いと2次会の店を探すのが大変だな。
まあ、来年の話をすると鬼が笑うと言うから、そのときに考えましょう。


ところで、昨日の会合で我等の小松正之君の記事の事が紹介されました。
7月27日産経新聞の朝刊で「唄いつぐ」という記事に
「故郷に思いはせ捕鯨再開に取り組む」と題した、
小松君のコメントが写真付きで紹介されておりました。
取り急ぎその記事をご紹介致します。
尚、これ以外にも報告が有りますので何度かチェックをして下さい。
整理がついたら写真の後に次々とコメントを付け加えて行きます。
見てね。


小松君の記事

2次会のご報告兵六

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/419

コメント

いつもご苦労様です。
「兵六」の記事について、
46卒は岩泉さん、
兵力は兵六だよね。

私は財布をなくしてスッカリ落ち込んでいましたが、
翌日、夜まで待って(店の電話は非公開)確認に出かけると、
なんと、マスタが拾っておいてくれました。
感謝感謝!

幹事会への参加、有難うございました。
財布がなくなって、大変でしたね。
翌日見つかって、本当に幸運でした。

小松さんの記事、読ませていただきました。

何であれ笑い話になってよかった。
人生もそうだけれど、結果オーライが一番だね。
次回は藤井君の笑い話が楽しみですね。
楽しみといえば、Mannbo-No5の書き込みも楽しみの一つですね。
大丈夫です。
散策は継続していますよ。ガハハ。

二次会の手ぬぐいを興味深く拝見しました。
「心技体 体操部」 少なくても1980年までは存在していたのか...。
2002年に新校舎を見学したとき、廃部と聞き驚きました。
私が在学当時は男子体操部の黄金時代。
46年卒の先輩が5人、県大会団体優勝、岩手国体代表と輝かしい時代でした。

コメントする