« 春を告げる花 | メイン | 花冷え »

2008年3月15日

●e-Tax確定申告チャレンジ日記(8)

本日、電子申告の結果が正しいことが証明された。
国税の振込通知書が届いた。金額も申請通りだった。

実際、確定申告書の作成時には、エラーチェックで引っ掛かっていたのだが、
チェックプログラムのバグだったようだ。

申告書作成でのノウハウをまとめておきます。
1)申告書作成コーナーというURLで作成し保存しておくと、毎年前年度のデータの再利用ができる。
2)19年の添付省略可能な書類は次の通りだった。
 源泉徴収票等        給与所得・公的年金等の雑所得・退職所得に係る源泉徴収票
 株式譲渡所得関係書類  特定口座年間取引報告書
 医療費控除関係書類    医療費の領収書、おむつ使用証明書等医療費控除に関する書類  
 社会保険料控除関係書類         社会保険料の支払額を証する書類  
 小規模企業共済等掛金控除関係書類  小規模企業共済等掛金の支払額を証する書類  
 生命(地震)保険料控除関係書類     生命保険料・地震保険料等の支払額を証する書類  
 寄付金(政党等寄付金特別)控除関係書類
                  寄付金の受領証等、寄付金(政党等寄付金特別)控除に関する書類  
 住宅借入金等特別控除関係書類     住宅借入金等特別控除に関する書類等  
3)合体電子データを作成するとき、不動産所得用の決算書・収支内訳書において、
 所得税申告書との額の不一致をアラームしてくるが、土地取得分を対象外とする処理が
 チェックから抜けていると思われる。

まぁ、それでも受け付けてくれたので融通は結構効いている。
来年は、この経験を活かして、もっと簡単に申告手続きができることを期待したい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pmp-jp.com/mt6/mt-tb.cgi/550

コメントする